寝違え予防で目覚めスッキリ!

人はなぜ「寝違える」のか

変な寝方をしていなくても、朝気づいたら首が痛いということもよくあります。寝方が悪かったから寝違えたとよく思われがちな寝違えですが、実際はなで寝違えが起きてしまうのでしょうか!?

 

寝違えとは、首の筋肉に極度の負担がかかり「炎症」が起こっている状態なのです。

 

そんな炎症が起こる原因は寝方の問題でもあります。しかし、寝方以外にも内臓の調子も関係しているのです。内臓の調子が悪い時に変な寝方をしてしまう時があるようなのです。食べすぎや環境の変化による胃が原因または甘いものの食べすぎやストレス解消ができないために膵臓が原因の寝違えの際には左側を痛めてしまいます。

 

反対に右側を痛めている時には、暴飲暴食やお酒の飲み過ぎなどが原因により肝臓が疲労したために起きてしまいます。また、脂っこいものの食べ過ぎで胆嚢に負担が掛かっているときにも右側を痛めてしまいます。このように悪い寝方を引き起こす時には内臓が関係しているとこもあるのです。内臓が疲れていたり、負担が掛かっている際には、臓器と筋肉も繋がっていますので、首を傾きやすい環境を作ってしまうことがあるのです。

 

寝違えには寝具も関係している!

また、自分に合った寝具や枕を使い続けること、首に負担が掛かってしまい寝違えの原因になることもあります。ただ寝方が悪いと思われていた寝違えですが、実際には変な寝方をする原因が他にもあることが多いのです。このように寝違えが起きてしまった時にはしまった!っと思うと同時に体に負担が掛かっているサインですので、しっかりと疲労が蓄積されている体を労わってあげましょう。

 

普段から規則正しい生活を送るとともに、体のことももっと考えて内臓から健康的に過ごせるようにしょう!もし、寝違えが起きてしまったら余計に痛めない為にも早めに診療を受けて治していきましょう。